児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2015-01-21から1日間の記事一覧

“JKリフレ”18歳女子高生補導 初適用

被害者も補導されることになると、ますます被害申告は出てこなくなります。 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150121-00000033-nnn-soci 警視庁によると、容疑者らは今月4日、17歳の女子高校生にメイドの衣装を着させて、体を密着させる接…

2015年01月21日のツイート

@okumuraosaka: 担当弁護士が盗撮の舞台となった温泉宿を突き止めて事情を説明し、そこの宿泊台帳に載っている女性達に片っ端から連絡を入れ、虱潰しに被害者を探し出したのである。 URL #dmmnews2015-01-21 23:58:18 via Twitter Web Client @okumuraosaka:…