児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2014-09-15から1日間の記事一覧

警察庁による「ひそかに製造罪」の説明〜警察庁少年課課長補佐 友永光則「児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部改正」警察公論2014年10月号

大丈夫か、複製を除いちゃって。 併せて読もう拙稿 法セミ pic.twitter.com/lwqH4G0Lb3 (5)盗撮による児童ポルノ製造罪の新設(7条5項) 現行の提供目的製造罪及び「児童に姿態をとらせ」製造罪に加えて,ひそかに児童ポルノに係る児童の姿態を写真,電磁的…

2014年09月15日のツイート

@okumuraosaka: RT @CNN: A judge lost his job over online comments about actress Charlize Theron. URL URL2014-09-15 23:32:07 via TweetDeck @okumuraosaka: こないだ見た性犯罪の検面は、警察署で録取してたよ。・・・ 容疑者の身柄は保安上の理由で…