児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者わいせつ・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2012-10-01から1日間の記事一覧

性行為の対価なのか、撮影の対価なのか?

買春して撮影する場合に、性交等の対償なのか撮影行為の対価なのかが峻別できないことがあります。性交等の対価であると証明できなければ、児童買春罪は不成立になります。 そういう主張をして、一部事実認定が変更になった事件もあります。 起訴状 公訴事実…