児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-06-17から1日間の記事一覧

ベテラン裁判官は「今回の事案では、再犯の恐れがある分、逃亡の恐れも高いと考えて保釈請求を却下すべきだった」と話す。

控訴保釈なので裁量保釈しかありません。 逃亡しないで再犯する奴もいるので、逃亡のおそれありということにならないでしょう。 第90条〔裁量保釈〕 裁判所は、適当と認めるときは、職権で保釈を許すことができる。 保釈中に「強姦再犯」 3件で懲役9年判決…

口淫させる強制わいせつ罪1罪・肛門性交強制わいせつ罪1罪の科刑状況

無理矢理口淫させる行為が新強姦罪の「口腔性交」に該当するのかが確認できませんが。執行猶予が多くなっています。 「肛門性交」は珍しく、いずれも実刑になっています。 改正後は5年以上の懲役になりますので、酌量減軽しないと執行猶予はつきません。 ht…

2016年06月17日のツイート

@okumuraosaka: 本人確認せずモバイルIP電話貸与 初の有罪判決:朝日新聞デジタル URL2016-06-17 23:18:37 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 殺人で逮捕の男性不起訴=福岡地検支部(時事通信) - Yahoo!ニュース URL #Yahooニュース2016-06-17 22:5…