児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

福岡の人が熊本で児童買春したのを愛知県警が逮捕した

 熊本県警に捜査させた方が効率的

児童買春容疑で男逮捕 愛知県警 
2013.02.05 共同通信 愛知県警蒲郡署などは5日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、福岡県容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年4月と9月の2回、熊本市のホテルで、18歳未満であることを知りながら16歳だった熊本県の女子高校生に現金約2万円を渡し、みだらな行為をした疑い。
 蒲郡署によると、2人はインターネットのチャットで知り合った。別事件の捜査で、愛知県警がこの女子高生の話を聴いた際、容疑者の買春容疑が浮上した。