児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

emuleはみんな罰金刑(川越簡裁)

 こんなの、有体物で同じ量をばらまいたら、実刑だと思うんですけど。
 量刑相場からするとだいぶ軽いなあ。
 児童ポルノの個人的法益からすれば営利性なんて関係ないんですけどね。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20081202-435962.html
川越簡裁は同日までに、両被告にそれぞれ罰金100万円、被告に罰金50万円の略式命令を出し、3人は納付した。
 検察側は、世界的に利用されているインターネットのファイル交換ソフト「eMule(イーミュール)」への提供目的と認定。こうしたソフトをめぐる児童ポルノの処罰は国内で初めて。
 起訴状によると、3人は9月から10月にかけ、動画をeMuleの共有フォルダに保存した。