児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

日弁連コンピュータ委員会シンポジウム2009「ISP(インターネットサービスプロバイダ)をめぐる法律問題」

 ついに、児童ポルノ弁護士も呼ばれました。
 「フィルタリングの問題」って広いんですけど、一番怖いコミュニティサイトも、結局、監視体制を強化することで、お墨付き与えて、アクセスできるようになってますよね。ブロックすると児童・青少年がゲームサイトに集まらなくて商売にならないから。
 しばらくそれでやってみて、ダメなら次の手ということでしょうね。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/090123.html
2008年ネットワーク法判例回顧
町村泰貴 氏(北海道大学大学院法学研究科教授)

中間伝達者の法律問題の枠組み
高橋郁夫 氏(弁護士・コンピュータ委員会副委員長)

違法有害情報とフィルタリング等の問題
奥村 徹 氏(弁護士・ コンピュータ委員会委員 )

世界における違法有害情報対策
楠 正憲 氏(マイクロソフト株式会社最高技術責任者補佐 )

ISPにおけるセキュリティ活動
小山 覚 氏(株式会社NTTPCコミュニケーションズネットワーク事業部バリューサービス部長・事業企画部長)

名誉毀損等の発言行為と発信者情報開示制度
壇 俊光 氏(弁護士・ コンピュータ委員会委員)

ISPをめぐる法律問題についての総務省の取組
室橋秀紀 氏(総務省総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政課課長補佐 )