児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

(児童買春+製造)×4人で懲役2年6月執行猶予5年(山口地裁H21.9.29)

 うわっ、重い。執行猶予が長い。
 1回結審は怖いわ。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909300019.html
児童ポルノ撮影で元教諭有罪 '09/9/30
 児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の罪などに問われた元廿日市中教諭被告(50)の判決公判が29日、山口地裁であった。向野剛裁判官は懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。
 向野裁判官は判決理由で「児童を保護指導するべき立場にありながら、欲求を満足させる目的の自己中心的な犯行で悪質。常習的で動機や経緯に酌むべき点はない」と述べた。
 被告は昨年4月〜今年1月、山口市福山市などで、18歳未満と知りながら女子中高生4人とみだらな行為をし、裸の写真をデジタルカメラなどで撮影するなどした。

 山口は児童買春1罪で実刑事件もあって、弁護人も何やってるのかなと思います。