児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

P2P観測システムの運用状況(警察公論7月号p26)

 いつ捕まってもおかしくないと思うんですが、そのわりには聞こえてきません。

P2P観測システムは,P2Pネットワークを巡回してネットワークに流れているこれらのすべてのファイル情報を収集し,分析を行うシステムである。収集されたファイル情報を分析することにより,匿名性の高いウイニーやンエアーなどで公開されている違法ファイルの公開元IPアドレスも,特定することが可能となる。