児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童買春約束はしたが、乳首は触ってないと言い張った被疑者のその後

 いかにも技巧的。条文見てから児童買春してるみたいで。
 図解までして抵抗したんですが、厳しい取調を受けた末に、
  服の上から乳首を触ったかもしれない
という供述で落ち着きました。そこで取引して起訴猶予
  児童の性器等=性器、肛門又は乳首
という限定的な定義なので、そういう弁解も出てくるのですが、他方で服の上からでもいいような定義ですよね。

児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律
第2条(定義)
2 この法律において「児童買春」とは、次の各号に掲げる者に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは児童に自己の性器等を触らせることをいう。以下同じ。)をすることをいう。