児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

宝塚歌劇:人気ゲーム初の舞台化「逆転裁判」 宙組の蘭寿とむさんが主演

 時々、弁論とか弁論準備に来た関係者に「今日のところはどっちが優勢ですか?」なんて聞かれますが、訴訟はラウンド制じゃないので、淡々と争点を詰めていくだけですよね。

http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080923mog00m200005000c.html
米国を舞台に熱血弁護士が難事件を解決するストーリーで、ラブロマンスも盛り込まれる。舞台が米国のため、主人公の名前が「成歩堂龍一」から「フェニックス・ライト」に変更されるなどのアレンジが施される。
・・・
逆転裁判」は、法廷を舞台にした人気アドベンチャーゲーム。プレーヤーは弁護士となって個性的な登場人物たちと法廷で闘いながら被告人の無罪を勝ち取る。シリーズ累計300万本を出荷しており、来春には、これまでライバルとして登場してきたエリート検事・御剣怜侍が主人公の新作「逆転検事」も発売される予定。

 易々と逆転されるような検事も嫌だし、そこから逆転してくる検事も嫌ですね。