児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

自首にも何にもならないが、余罪を「自首」して逮捕をのがれた事例

 仲間の逮捕で、A事件(児童ポルノ提供)の捜査対象となっていた被疑者が、怖くなって弁護士に相談して、A事件には思い当たらず同種のBCDEF事件を「自首」した。
 すでに強制処分方針のA事件については対物強制処分も行われたが、包括一罪関係にあるBCDEF事件の「自首」によって、逮捕だけは免れて、略式・罰金となった。
 相談前後に逮捕されてても不思議じゃないですね。