児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

[性犯罪] [児童福祉法][文献]「保護観察付き執行猶予者について、無断転居などを理由とする執行猶予取消請求が認められた事例」研修698号 '06.08.

 青少年条例違反(青少年淫行罪)の被告人が、転々として野宿にいたった事案です。
 保護観察って厳しいんですけど、弁護人もがんばって土俵際の徳俵で残った残ったという感じなのに、せっかくなのに取り消される人も多いです。