児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

大阪弁護士会刑事弁護委員会「控訴審で弁護側に有利な判決が出た事例」刑弁情報31号

「被害者」である10歳の少女の供述が信用できないとして控訴審で無罪が言い渡された事例高松高裁H16.6.5
 女性弁護士が必要ということで参加された女性弁護士が活躍されています。