児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-12-11から1日間の記事一覧

誰かが趣味として子供(6歳)の裸映像を収集しパソコンに保存していたが,誤ってAにその画像をメール送信してしまった。知らないうちに送り付けられたAは,送り付けられた段階で児菫ポルノ自己性的目的所持罪として処罰されるのか述べなさい

警察公論2017年01号付録全国出題論文2017p288 問題 誰かが趣味として子供(6歳)の裸映像を収集しパソコンに保存していたが,誤ってAにその画像をメール送信してしまった。知らないうちに送り付けられたAは,送り付けられた段階で児菫ポルノ自己性的目的所持…

2016年12月11日のツイート

@okumuraosaka: 末端の売人だけが検挙されて罰金とか執行猶予付きの懲役刑になって、大元は安泰というシステム 大阪・日本橋「海賊版AVのメッカ」堂々と販売、店の奥には「生産工場」(弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース URL #Yahooニュース2016-12-11 23…