児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

いま、沖縄県青少年保護育成条例(昭和47年沖縄県条例第11号)違反、児童買春児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反、名誉毀損、わいせつ電磁的記録有償頒布目的保管、強制わいせつ、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律違反、準強姦、青少年愛護条例(昭和38年兵庫県条例第17号)違反、大阪府青少年健全育成条例違反、東京都青少年の健全な育成に関する条例違反、徳島県青少年健全育成条例違反、奈良県青少年の健全育成に関する条例(昭和51年奈良県条例第13号)違反、有印私

現在公判に掛かってる事件の罪名一覧


沖縄県青少年保護育成条例(昭和47年沖縄県条例第11号)違反
児童買春児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反
名誉毀損
わいせつ電磁的記録有償頒布目的保管
強制わいせつ
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律違反
準強姦
少年愛護条例(昭和38年兵庫県条例第17号)違反
大阪府青少年健全育成条例違反
東京都青少年の健全な育成に関する条例違反
徳島県青少年健全育成条例違反
奈良県青少年の健全育成に関する条例(昭和51年奈良県条例第13号)違反
有印私文書偽造・同行使