児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

少女のいかがわしい行為をネット中継 札幌の男2人を逮捕

 意外にも児童ポルノ罪は埒外。
 データを児童ポルノと定義していない児童ポルノ法の抜け穴です。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/253266.html
逮捕容疑は7月、札幌市中央区のマンションの一室にカメラ付きパソコンを設置し、インターネットを通じて映像と音声を中継する「チャットスタジオ」を運営。同市厚別区の少女(16)を18歳未満と知りながら雇い、スタジオ内でいかがわしい行為をさせ、その映像をネット中継した疑い。こうした業者を同容疑で摘発したのは全国初。
 同署によると、両容疑者は今年1月にスタジオを開業。15〜17歳の少女5人を月10万〜50万円で雇い、8月までに860万円を売り上げていたという。

 この家裁福山支部の事件を下敷きにしていると思うんですが、「全国初」らしいです。

ヌードモデルで少女2人を雇う 福山の2容疑者を逮捕 /広島
2003.08.01 朝日新聞
 両容疑者は共謀し、同市に住む高校1年生の少女(15)と、岡山県笠岡市の無職少女(15)の2人を、年齢を確認しないままヌードモデルとして雇い、5月下旬から6月上旬にかけ、福山市内の同じワンルームマンションに住ませるなどした疑い。被害に遭った少女2人は、知人の男性を通じて両容疑者に紹介され、ビデオカメラで入浴などを撮影する代わりに、家賃をただにし、報酬を受け取る契約を結んだという。県警は、両容疑者がインターネット上にアダルトサイトを開設し、画像を有料で配信しようとしたとみて調べている。