児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

弁護士に相談してないのに「相談したら合法だと言われた」と言い張った被疑者。

 ほんとの弁護士にほんとに相談して、ほんとにそういう回答を得ていれば、違法性の意識減少として有効だと思いますが、弁護士のサイトを見たとかじゃあだめなんですよ。

当初
被疑者「弁護士に相談して、『罪にならないから大丈夫』と言われた」
刑事「なんていう弁護士?いつ?相談料はいくら?メールとかはあるか?」
被疑者「・・・思い出せない」
 ↓
刑事「思い出せたか?」
被疑者「有料相談じゃなく、電話で問い合わせたら『罪にならないから大丈夫』と言われた」
刑事「なんていう弁護士?いつ?おまえの通話履歴から探すから。」
被疑者「・・・思い出せない」
 ↓
刑事「思い出せたか?」
被疑者「電話じゃなくて、弁護士のサイトに『罪にならないから大丈夫』と書いてあった」
刑事「なんていう弁護士?どのサイト?」
被疑者「・・・思い出せない」
 ↓
刑事「思い出せたか?」
被疑者「全部嘘でした。」

 この後、被疑者の供述は信頼されなくなるから、こういうのを調書化されると弁護人は辛いなあ。