児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

今日は、午前中インターネットカフェ行って、午後は携帯の出会い系サイトやってます。

 被疑者のidで5000円分ポイント買いました。
 これも弁護士の仕事です。


追記
 「弁護士が出会い系サイトやるなんて品位を汚す」みたいな苦情がありましたが、児童買春犯人が検挙されて公判やってるそばで「初めて出会い系にアクセスした」「私を弄んだ被告人を許せません」と供述している「被害児童」が出会い系で同じ名前とプロフィールで継続的にやってることが多いので、弁護人は当然それはチェックして証拠化するわけです。
 「携帯サイトの「証拠化」はどうするんですか?」なんて聞いてくるなよ。弁護士なら。