児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

逮捕されたときにどう言えば軽くなりますか?

 そんな呪文とか経のようなものはありません。
 認めるか認めないかとか、どう認めるかも、後のことを考えてほしいところです。
 結局、事案によるわけで、ベストアンサーは「(当番)弁護士を呼んで、(当番)弁護士が行くまで黙っててください。」ということでしょうね。
 児童ポルノ罪で言えば、「データを製造した」「ダウンロードさせて販売した」みたいな、最初から罪にならないような逮捕容疑でも、みなさん「間違いありません」なんて弁解録取されて有罪になっています。