児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童買春容疑で逮捕の教諭釈放=愛媛

 被疑者が自分で釣った場合は、たいてい年齢見て釣ってますから、否認しにくいですね。
 風俗の場合は、低年齢を表示しているところとそうでないところがあるようで場合による。
 知らなかったら「知らなかった」と頑張るのが原則です。
 しかし、
   体見りゃわかるだろう
ということもあると思います。

教諭は同署の調べに「18歳未満とは知らなかった」と容疑を否認し続けているという。
[読売新聞 ]

 なお、知っていたのに、否認すると、有罪の場合の量刑は重いです。
 難しい判断です。