児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2011-11-04から1日間の記事一覧

3年10ヶ月前の児童淫行罪で逮捕された事例

同意があっても児童淫行罪は成立しますから行為否認するのであれば 淫行しましたが、淫行させていません。 とか 淫行していません。 と言って下さい。 難しかったら、 弁護人が来てからにします と言いましょう。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2011110…

任期付短時間勤務職員(滞納対策業務)採用候補者試験を実施します

大阪府はサラ金の取り立て担当の人を採用してましたよね。 http://mainichi.jp/area/osaka/news/20111102ddlk27010440000c.html 池田市は、滞納市税の徴収業務に「パート弁護士」を来年度から導入する。大阪弁護士会の協力を得て、10月17日には大阪市で…