児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「記録閲覧奮闘記」『研修』(平成16.12,第678号)

 お世話になっている東京地検の記録係が、クレーマー的な請求者に立ち向かった事例が紹介されています。
 奥村弁護士は件数が多いだけで、直接出向くことも稀ですから、それほど問題はないのではないか。