児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

Pornography, Rape and Sex Crimes in Japan

内山絢子先生ですが、日本語にはなってないようです。
 ポルノは増えても性犯罪が減少しているということですかね。

http://www.hawaii.edu/PCSS/biblio/articles/1961to1999/1999-pornography-rape-sex-crimes-japan.html
Title: Pornography, Rape and Sex Crimes in Japan
Author: Milton Diamond, Ph.D. and Ayako Uchiyama
Published: International Journal of Law and Psychiatry 22(1): 1-22. 1999
DISCUSSION

Within Japan itself, the dramatic increase in available pornography and sexually explicit materials is apparent to even a casual observer. This is concomitant with a general liberalization of restrictions on other sexual outlets as well. Also readily apparent from the information presented is that, over this period of change, sex crimes in every category, from rape to public indecency, sexual offenses from both ends of the criminal spectrum, significantly decreased in incidence.

Most significantly, despite the wide increase in availability of pornography to children, not only was there a decrease in sex crimes with juveniles as victims but the number of juvenile offenders also decreased significantly.
////
http://translate.google.co.jp/translate?sl=en&tl=ja&js=n&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fwww.hawaii.edu%2FPCSS%2Fbiblio%2Farticles%2F1961to1999%2F1999-pornography-rape-sex-crimes-japan.html&act=url
考察
日本自体の中に、使用可能なポルノや性的に露骨な材料の劇的な増加は、カジュアルな観察にさえ明らかである。 これは、他の性的アウトレットの制限の一般的な自由化との併用である。 また、容易に明らかに示された情報からは、大幅に発生率が減少し、犯罪のスペクトルの両端から性犯罪、レイプから公然わいせつには、すべてのカテゴリで性犯罪、この変化の期間にわたって、ということです。

最も重要なのは、子どもたちへのポルノの入手に広く増加したものの、そこに被害者のように少年と性犯罪の減少であっただけでなく、少年犯罪者の数も大幅に減少。

これらの知見は、に似ていますが、でも、デンマークスウェーデン、西ドイツで性的に露骨な材料の上昇に伴って報告されたもの、より印象的である。 ヨーロッパからの調査結果は、順番に、米国のために報告されたものよりも劇的だった。 Kutchinsky(1991)は、これらの国で適切なポルノ法の合法化や自由化後にデンマークスウェーデン、西ドイツ、米国の状況を検討した。 上記第一の3国は、それぞれ、1969年に1970年、そして1973性的に露骨な材料の生産と流通を非犯罪化。 米国では全く広まって非犯罪化や合法化はありませんでしたが、日本のように、法律の解釈が変更とSEMに対して検察が著しく減少しているようだった。 付随して、ポルノの可用性は通約増加。 Kutchinskyは、1984から20年の期間を1964年用に性犯罪のコースを検討した。 したがって、我々の最初の半分と一緒に勉強が重なるの彼の期間。

デンマークスウェーデンの成人レイプでそのKutchinsky実測値(1991)は控えめと全然西ドイツではない唯一の増加となりました。 すべての3つの国では、非暴力的な性犯罪は減少した。 デンマークスウェーデンではわずかな増加は、レイプ問題の女性と警察(Kutchinsky、1985b、頁323)の間で大きく、意識の高まりの結果として増加した報告のために、おそらくいくつかによって考えられていた。 日本でも、本研究で検討20年以上、日本で見られる性犯罪の減少がさらに印象的になります報告の増加する可能性はおそらくもあった。

我々の調査結果と同様に、デンマーク、西ドイツの減少を示すために性犯罪の中で最も劇的なカテゴリは少年に対してとでレイプや他の性犯罪であった。 1972年から1980年の間、ドイツ連邦共和国の警察に知られている性犯罪の総数が11%減少し、同期間中にすべての犯罪の総数は50%増加したと報告した。 未成年者に対する性犯罪は、(14歳未満のもの)は、この期間中に約10%の同様にわずかに減少していた。 6歳未満の方の犠牲者のために、しかし、数字は50%以上の減少(;頁319 Kutchinsky、1985b)は、1980年に579から1972に1421例から減少。

他の研究者は、同様に発見した。 デンマークでは同性愛児童虐待は、1969年に1966〜20例中74例(;頁254ベンVeniste、1971)から50%以上減少した。 子供を含む性犯罪におけるこれらの減少は、日本で以来、特に注目すべきである、デンマークのように、当時のために、性的な活動に関与して子どもたちの描写の個人的な非商業的所有または使用に対する法律はありませんでした、いわゆる " childporn "(Kutchinsky、1985a;頁5)。 子どもに対する性犯罪が両方の文化に見られる方法での深刻さを考えると、報告された症例では、このドロップは、むしろそのような犯罪を報告するために減少し準備もコミット犯罪の数が本当の減少を表しています。

我々は、日本のギャングレイプの減少を発見したポルノの増加と相関していた。 繰り返しになりますが、同様の知見が他の場所で報告されていた。 西ドイツでは、1971年から1987年のグループのレイプ率から577から239例に59%減少した。 見知らぬ人でレイプは見知らぬ人減とレイプ、日本では、2453から1655例(Kutchinsky、1991頁57)に被害者に知られている個人が犯したレイプの数を33%減少し、ドイツのこれらの知見とは対照的に増加した。 見知らぬ人またはグループによるレイプはちょっと日本ではこれらの調査結果をそこに疑っている、もう一度、日付や夫婦強姦より報告される可能性が高くなりますので、実際の違いを表しています。 また、日本の警察は、既知の加害者によってデートレイプや強姦よりも見知らぬ人でレイプの制御に、より重点を置いていることに留意されたい。

いくつかは、(例えば、裁判所、1977)ポルノの可用性の向上と公共の姿勢変更併用を反映し、日本で記録された性犯罪の数が全体の減少の属性があります。 これは疑わしい。 それは公然わいせつのもののような比較的軽微な犯罪に当てはまるかもしれませんが、レイプは常に真剣にとられている。 確かに、人は報告に阻害が減少していると主張することができます。 ケースは、SEMの増加率はそれが簡単に子供や女性やおそらく犠牲者のために少ない性的な事柄についての彼らの両親、パートナーや当局と話すことに阻害されることになることを行うことができ、特に任意の性犯罪について。

報告を奨励するもう一つの要因は、女性問題に敏感な特殊警察レイプ調査ユニットは、彼らが犯罪者であるかのように扱われ、もはや9月、1983年、女性に設立されなかったです。 これは、1970年代にそう頻繁にあった。 また、重要なのは、日本は、1990年代に、全国の主要都市で女性が実行レイプ危機の東京の中心部や女性センターを設立することです。 1996年に警察はまた、性犯罪の被害者が報告するよう奨励啓発キャンペーンを開始しました。 セックス教育者は、あまりにも信用に値する。 性教育、K-12は、日本の学校での標準であり、1970年代以降、そうなっています。 セックス教育者はますますレイプ理論、予防、およびレポートで教育さとなり、彼らの教室でのプレゼンテーションに、このような材料が追加されました。