児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

集団準強姦罪で執行猶予(高松地裁H24.12.11)

 被害者と示談して「実刑は勘弁してあげてください」とまで宥恕してもらえばあり得る量刑です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121211-00000535-san-soci
<集団準強姦>元大阪国際大サッカー部の3被告に有罪判決
毎日新聞 12月11日(火)12時9分配信
 合宿先の高松市内で女性に性的暴行したとして、集団準強姦(ごうかん)罪に問われた、3被告に対し、高松地裁は11日、いずれも執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。幅田(はばた)勝行裁判長は「被害者の人格を踏みにじる卑劣な犯行だが、被害者と示談が成立するなどしている」と述べた。
 判決によると、被告らは3月中旬、サッカー部の合宿のため宿泊した旅館で20代の女性と飲酒、酔って抵抗できない女性を性的暴行した。