児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「携帯は危ないから使わせない、では解決しない」 KDDI小野寺社長、「使った上で学んで」

 それは危ないですよ。
 自動車も、小学生に運転させて学ばせるということですか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000071-zdn_n-sci
小野寺社長は、安全・安心に対する取り組みは今後も進めていくとアピールしながらも、「子どもに携帯を持たせるべきではない」という論調には批判的。「危ないから使わせない、では何も解決しない。リテラシーという観点からも、携帯を積極的に使った上で、何が問題か勉強していただくことがより重要」と述べた。
 同社はNPOと協力して来年から、携帯電話を活用した防災・防犯に関する教育プログラムを学校向けに提供する予定。学校に携帯電話を貸し出し、学習用コンテンツと指導案も提供し、地震が起きた時や犯罪に巻き込まれそうになった時の対応を、実際に携帯を使いながら教えていくという。