児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

服を脱がされ裸の写真をメールで送信されるいじめ

強要罪
5項製造罪(不特定多数)
4項提供罪(不特定多数)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00179853.html
岐阜・可児市の女子中学生が服を脱がされ裸の写真をメールで送信されるいじめ受ける
いじめは5回にわたり、女子生徒は服や下着を脱がされて、携帯電話のカメラで撮影されたうえ、裸の写真を同じ学校の生徒にメールで送信されたという。
女子生徒は学校に相談し、学校側は5人に女子生徒に謝罪させたという。
このいじめについて、中学校の校長は、FNNの取材に対し、「このようなことが起き残念だ。二度と同じようなことが起きないようにしたい」と話した。
女子生徒は28日午後、岐阜県警可児署に被害届を提出、岐阜県警児童ポルノ法違反などの疑いで調べる方針。
(06/28 21:05 東海テレビ