児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

雑誌も毎号PDFにして捨てるしかない・・・

 本棚を占領している注釈や書式集をPDFにしてしまいました。
 溜まってきた警察・検察の雑誌も古い順にバイト君にPDFにしてもらえば捨ててもいい。人にあげてもいいか。
 というわけで、当事務所では、インタビューの背後に法律書を並べることはできません。