児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

17歳少女とみだらな行為、家裁書記官を逮捕…鹿児島

 2回の青少年条例違反は包括一罪。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090226-OYT1T00578.htm

17歳少女とみだらな行為、家裁書記官を逮捕…鹿児島
 鹿児島県警は26日、鹿児島家裁名瀬支部書記官(40)を県青少年保護育成条例違反(淫行(いんこう))の疑いで逮捕した。
 鹿児島家裁の土肥章大所長は「法律を厳守すべき裁判所職員としてあってはならない行為であり、大変申し訳ない。全職員に対して綱紀粛正を図り、裁判所に対する信頼回復に努めたい」とのコメントを出した。

http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20090226ddg041040013000c.html
容疑は、1月18日と同22日の深夜、奄美市内のホテルで、無職の少女(17)に18歳未満と知りながらみだらな行為をしたとしている。県警によると、少女は当時高校2年生で、出会い系サイトで知り合ったという。少女から奄美署に相談があり、発覚した。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20090226/20090226-00000050-jnn-soci.html
鹿児島家庭裁判所・名瀬支部の書記官が、17歳の少女にみだらな行為をしたとして、26日、県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕されました。
 26日午後、奄美大島からフェリーで鹿児島市に移送されてきた容疑者。1

 奄美署の事件ですが、島外で勾留するようです。公正を期すためでしょうか。