児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

秋田県も児童ポルノの所持・保管に対する規制へ

http://www.sakigake.jp/servlet/SKNEWS.News.kiji?InputKIJICODE=20050826c
県、来年中にも「子ども・子育て支援条例」/検討委開設へ
 (1)については、事務局の県子育て支援課が他県の取り組みを紹介。▽「子どもの権利擁護委員会」や「子どもオンブズマン」など、子どもの代弁者として機能する第三者機関の設置▽児童ポルノの所持・保管に対する規制▽子どもの意見表明や社会参加の機会確保―など、想定される協議項目を例示した。