児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

強制わいせつ否認事件で一審有罪(実刑)、控訴審無罪(確定)となった事件の量刑理由(某支部)

 無罪の人に向かってひどいなあ。

動機や経緯にくむべき事情はない
見ず知らずの少女に卑劣執拗な行為に及んでいる
性的羞恥心は多大 
将来への深刻な影響も懸念される 
被害感情・処罰感情強いのも当然 
捜査段階では認めたのに公判に至るや自らの犯行であることを否認し不自然かつ不合理な弁解に始終しており反省の態度は全くない