児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童買春:小学教諭に罰金 松山簡裁が略式命令−−県教委は懲戒免職 /愛媛

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050628-00000292-mailo-l38
 奥村弁護士児童ポルノ・児童買春は児童に対する性的虐待であって重罪だと考えていますが、原則として逮捕されて、量刑的には1罪(年長児童)だと原則こんなものです。
 他方、社会的評価としては破廉恥罪とされて、重い制裁があります。
 ちょっとアンバランスです。
 とすると、
   刑事責任は認めて罰金は払うから、
   逮捕とか報道とか社会的制裁は勘弁してくれ
   弁護士さん、なんとかしてくれ
というニーズが出てきます。
 まあ、酷いことしといて調子いいこと言ってるわけですが、何とかならないこともないです。科刑状況がこれですから。