児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

趣味から偶然に…鑑賞した高校教諭、恥しのび通報

 奈良県の高校は、以前にもそういうお手柄を立てたことがありました。
 生徒が制服で出演していて、タイトルが「学校名+15歳」でした。

http://www.zakzak.co.jp/top/2005_02/t2005022402.html
元ヤクルト投手の児童ポルノ事件、発覚したワケ…
趣味から偶然に…鑑賞した高校教諭、恥しのび通報

 被害児童を発見・救済するための「サイバーパトロール」だと言えば、恥ずかしがることはないです。
 でも、メールで校長に送ると「提供罪(懲役3年)」になりますし、「おとり捜査」だとかいって買い受けると「提供罪(懲役5年)」の共犯になりかねないので、ご注意ください。