児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

写真・ビデオの鑑定を依頼される方へ

   この写真・ビデオが「児童ポルノ」に該当するかどうかを見てください
という依頼が時々あります。ビデオの見分には時間がかかりますが、やらないことはないです。

 ご注意いただきたいのは、
   依頼の趣旨(該当するときは諦めるか、戦うのか?)
   費用・報酬
   依頼内容(コメントのみか、意見書作成か、役所の手続き含みか?)
   違法と判断されたときの予定
等について合意が出来ていないと、
   鑑定依頼のために弁護士に送った。
   鑑定が終わったので、依頼者に返却した。
という言い訳(正当事由)が難しくなって、弁護士との往復行為が提供罪に問われる危険性があるということです。
 
 要するに、いきなり送られると困るということです。
 よろしくお願いします。