児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

釈放容疑者の罪名公表 江田法相「非公表は不適切」

釈放容疑者の罪名公表 江田法相「非公表は不適切」
2011.03.30 読売新聞
 東日本巨大地震後、福島、仙台両地検が勾留中の容疑者らを釈放した問題を巡り、両地検が釈放した容疑者らの罪名を公表しなかったことについて、江田法相は30日の衆院法務委員会で、「不安を与えたくないといって、罪名を述べないのは適切ではない」と述べ、罪名の内訳を明らかにした。

 両地検は29日、容疑者の安全確保などを理由に、それぞれ31人と27人の容疑者らを釈放していたと発表し、仙台地検はほかに3人の被告の勾留を取り消したことも公表している。しかし、容疑や罪名の内訳については、「起訴前の容疑者なので罪名の列挙はご容赦ください」(小池隆・福島地検次席検事)などとして、明らかにしなかった。

 法相の30日の答弁によると、釈放された容疑者らの罪名は、両地検管内で窃盗が計24人、詐欺・業務上横領と傷害がそれぞれ計9人、覚醒剤取締法違反が計6人、強制わいせつは福島地検管内の1人だという。

 釈放したことについて、江田法相は「別の刑事施設に移送する余裕はなく、釈放の理由は十分にあったと思っている」とした。

福島、仙台両地検が釈放した容疑者、被告の罪名などの内訳 読売新聞
  福島地検 仙台地検
窃盗 13 11
傷害 5 4
覚醒剤取締法違反 4 2
詐欺・業務上横領 2 7
児童買春・児童ポルノ 2 2
強制わいせつ 1
建造物侵入 1 3
道交法違反 3 1
合計 31 30