児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

県議会:子ども条例案、賛成多数で可決 「自由」制限疑念の声も−−警察委 /奈良

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050629-00000224-mailo-l29
13歳未満の子どもが出演するポルノビデオや雑誌の所持禁止規定に対する「未遂罪の規定を除き、被害が発生した場合に処罰するという刑法の原則に反しないか」との指摘については「子どもに対する性犯罪を助長するものであり、内容も児童に対する強制わいせつなどの犯罪行為を記録したもの。刑法の原則に反しない」と述べた。

子どもポルノの定義が知りたいんですが
30日に本会議で採決されるんでしょうか?

http://www.pref.nara.jp/gikai/gaiyo/6/1-05-66.html
議第55号 子どもを犯罪の被害から守る条例
http://www.pref.nara.jp/gikai/oshirase/02-1.html
30(木) 常任委員長報告と同採決、閉会