児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

販売罪・提供罪の犯人がファイル共用ソフト(winny・winmx)で入手した場合の量刑

 winnyで入手してCDROMにして販売したという事件を経験しましたが、
  刑を受けて社会復帰した時点で、PCさえあれば、児童ポルノを入手できる環境が整ってしまう点
  裁判官からみると、専門的知識が必要な手口であって、被告人にはそれが備わっているという点
で、再犯危険性が高いと評価されるようです。
 執行猶予期間が長くなります。

 オークションよりも専門的か。

 また、
  暗号化されていること=違法性の意識が明確であった・悪質な手口
と評価されるおそれがあって
 本刑の刑期にも影響があります。