児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

誤認逮捕された男性についても「男性と似ている」と供述し、真犯人とされる男性についても「犯人と似ている」と供述する被害者

 やってないのに「民間会社の顔立ちの鑑定で男性と一致する可能性が高いという結果が出た」そうです。
 2人の被疑者はどれくらい似てるのかな。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010009-saitama-l11
県警によると、深谷市内の30代女性方で昨年9月、何者かが侵入して現金を盗み、女性の体を触るなどした事件が発生。女性方にあった防犯カメラに帽子をかぶった人物が映っていたことから、この画像を精査したところ、「容疑者の可能性が高い」という鑑定結果が出たことや、女性の証言などから、昨年11月9日に男性を強盗致傷容疑などで逮捕した。
・・
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000056-mai-soci
県警によると昨年1~9月、深谷市内で30代女性のアパートに男が複数回侵入し、現金数十万円を盗んだり、女性の体を無理やり触って軽傷を負わせたりする事件が発生。女性が設置した自宅の防犯カメラに映っていた人物について、被害女性が「男性と似ている」と証言。民間会社の顔立ちの鑑定で男性と一致する可能性が高いという結果が出たことなどから逮捕した。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180827-00000062-ann-soci
今年5月になって別の強盗事件で逮捕された容疑者(22)が深谷市の事件への関与もほのめかしたほか、被害者の女性も容疑者が「犯人と似ている」と証言したことから再逮捕しました。埼玉県警は男性に対し、26日に謝罪したということです。