児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

名の変更の要件及び効力~設題解説戸籍実務の処理/9/

 目次だけ紹介します

名の変更の要件及び効力
第一 名の変更一般
第二 名の変更
問52 名は、どのようにして決まるか。
問53 名の変更は、どのような意義があるか。
問54 旧法当時における改名は、どのような手続で行われていたか
問55 どのような場合に、名の変更が許されるか。
問56 名を変更しようとする場合、どのような手続を要するか。
問57 名の変更について「正当な事由」に該当するとされた事例には、どのようなものがあるか。また、該当しないとされた事例はどうか。
問59 名の変更の効力は、いつ生ずるのか。