児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「強」がつく事件で、国選弁護人が「懲役1年実刑」と予想した事件について、執行猶予判決とした事例(某地裁某支部)

 罪名の組合せが珍しいので普通の弁護士には予測できないと思います。実刑事案でも1年という短期の判決はありません。
 執行猶予事案を多数紹介して、裁判所を誘導した感じです。刑期は重め。訴訟費用(国選弁護人の費用)は免除。、