児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「証拠物のHDDから家族写真を取り戻してください」という被告人の希望

 所有権放棄されていない場合は、押収物還付の際に(違法データを消去するので)、合法なデータを消さないように(それだけはbackupを取らせてもらう)します。
 所有権放棄されている場合には、媒体の所有権は国にあるので、検察官の御慈悲をもって、合法なデータを消さないように(それだけはbackupを取らせてもらう)お願いすることになります。
 大抵捜査段階で所有権放棄されています。