児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

高校生がわいせつ画像をネットに=公然陳列で書類送検−愛知県警

 新法が適用されるところを狙ってますよ。懲役5年。
 陳列やめろよ。

 しかし、web掲載型の陳列は、陳列罪でもいけるし、製造罪でもいけるし、提供罪もいけそうですよ。どれが適用されるか判らないけれど、雁字搦めですから。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040818-00000067-jij-soci
児童買春・ポルノ処罰法違反(公然陳列など)の疑いで福井市の私立高校1年の男子生徒(15)を書類送検した