児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

法とコンピュータ学会第29回総会・研究会のご案内

P2P」だ、winnyだ、小倉さんだ。

法とコンピュータ学会第29回総会・研究会のご案内
研究会テーマ『安全と私的自治、手続的正義j
開 催 年 月 日   2004年11月13日(土曜日)9:30−17:40
開 催 場 所    情報セキュリティ大学院大学横浜駅きた西口より徒歩1分)
参  加  費     会員 無料, 一般 2,000円 学生1,000円
連  絡  先     法とコンピュータ学会事務局(随 03・3796・5436)
開 催 日 程
10:00.12:00 研究会(午前の部)
「公共の安全と憲法上の権利」松井 茂記(大阪大学大学院教授)
P2Pの法的課題」小倉秀夫(弁護士)
知的財産権の保護と自力救済」小川 憲久(弁護士)
13:30・17:40 研究会(午後の部)
「手続的正義」夏井 高人(明治大学教授)
「通信ログの保全 刑事訴訟法の改正」松沢 栄一(ニフティ法務課長)
「個人情報の保護」 山本 順一(つくば大学教授)
15:00.15:15 コーヒー・ブレイク
松井 茂記(大阪大学大学院教授)

15:15−17:30
パネルディスカッション一手続的正義一  司会 夏井理事
18:00−19:30 懇親会 自由参加・会費別途
※ご出欠については後日、事務局より確認用のハガキをお送りいたします。