児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

強制わいせつ罪と児童ポルノ製造罪を観念的競合とする裁判例の最新版

 これくらいお友達が居れば、観念的競合としても恥ずかしくないでしょう。
 東京地裁は、件数が多すぎて、探しに行けないんですが、少なくても3件くらい有るようです。
 一応統計があって、さいたま地検によれば、本庁に1件あるということですが、支部でも2件見つけました。意識してないようですね。

東京地裁 H18.3.24
横浜地裁 H19.8.3
長野地裁 H19.10.30
札幌地裁 H19.11.7
高松地裁 H19.12.10
福島地裁白河支部 H20.10.15
那覇地裁 H20.10.27
金沢地裁 H21.1.20
山口地裁 H21.2.4
仙台高裁 H21.3.3
那覇地裁沖縄支部 H21.5.20
千葉地裁 H21.9.9
札幌地裁 H21.9.18
名古屋高裁 H22.3.4
松山地裁 H22.3.30
さいたま地裁川越支部 H22.5.31
横浜地裁 H22.7.30
高松高裁 H22.9.7
水戸地裁 H22.10.6
さいたま地裁越谷支部 H22.11.24
松山地裁大洲支部 H22.11.26
名古屋地裁 H23.1.7
広島地裁 H23.1.19
広島高裁 H23.5.26
高松地裁 H23.7.11
阪高裁 H23.12.21
秋田地裁 H23.12.26
福岡地裁 H24.3.2