児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

沖縄の弁護士が田辺支部で保釈手続き

 田辺支部と言えば、建築紛争とか交通民事で長年通いました。
 大阪から田辺支部も遠いですよ。海には近い。
 蒲鉾屋が数軒並ぶ通りがあって、蒲鉾おいしい。
 泊まるんなら白浜に泊まる。
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=33.43.24.519&el=135.22.51.802&la=1&fi=1&prem=0&skey=%b5%aa%b0%cb%c5%c4%ca%d5&sc=2
http://courtdomino2.courts.go.jp/K_access.nsf/0/c610bdf10d7aec5349256b5e00124952?OpenDocument&ExpandSection=1#_Section1

 保釈だけでは遠くまで行かないし、保証金さえ振り込んでもらえば、わざわざ関係者に御同行しただかなくてもいいと思いました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060427-00000057-mai-soci
弁護士は04年1月、和歌山県内で刑事事件を起こした沖縄県出身の男性の保釈手続きをするため、男性の姉と同県田辺市に行った。同市内のホテルに宿泊する際、同じ部屋に泊まるよう迫り、姉の部屋の入り口までついて行った。