児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2017-04-07から1日間の記事一覧

女児両親が豊田市を提訴 教諭による強制わいせつ 訴額600万円

刑事事件は岡崎支部H28.12.20 被告人とは示談とのこと。 女児の裸を撮影 豊田の教諭有罪 地裁支部判決 2016.12.21 中日新聞 【愛知県】女子児童の体をデジタルカメラで撮影したとして、強制わいせつなどの罪に問われた被告の判決公判が二十日、名古屋地裁岡…

女子トイレに侵入したが「おなかが痛くて公衆トイレに行ったが、二つあった男性用の個室はいずれも使えなかった」が正当理由とされて無罪になった事例(静岡地裁沼津支部H29.3.14)

「男性は初め、腹痛のため男子トイレに入ろうとしたが、2つある個室のうち1つは使用中、もう1つは汚かったのでやむを得ず女子トイレに駆け込んだという。この際、個室に紙がなかったため隣から壁越しに紙を取ろうとしたところ、居合わせた女性に目撃され、の…

2017年04月07日のツイート

@okumuraosaka: ごみから4251万円 名乗り続々 | 2017/4/7(金) - Yahoo!ニュース URL #Yahooニュース2017-04-07 21:46:21 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 弁護士に離婚相談をした体験談を教えてください!これから弁護士に依頼する人に役に立つような…