児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「小学生向けサイト」で成人男2人が互いに女児になりすまし、児童ポルノ画像を求め合っていた事例(北海道警)

 「小学生向けサイト」にこういうのが入り込んで来るのを防ぐ方法がないんですよ。
 刑法的には、送らせた方については、13歳未満の児童にわいせつ行為(撮影させる)するつもりで、成人男性から女児の撮影済の写真を送ってもらったわけですから、錯誤の問題があります。異種ですから。

児童ポルノ提供容疑=北海道
2012.04.06 読売新聞
 札幌東署はA容疑者を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで逮捕した。発表では、A容疑者は昨年11月、小学生向けのインターネット交流サイトで知り合ったB被告(同法違反で逮捕、起訴済み)に、小学生とみられる女児数人のわいせつ画像9枚を携帯メールで送信した疑い。2人は互いに女児になりすまし、互いを女児と思いこんでいた。B被告が2月29日に同署に逮捕され、A容疑者が浮上した。

女子児童と思った相手は男…*神奈川の男*ポルノ送信容疑逮捕
2012.04.06 北海道新聞
 札幌東署は5日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ提供)の疑いで、神奈川県平塚市の会社員の男(40)を逮捕した。男は女子児童にメールで裸の写真を送らせようと、見本として児童ポルノ画像を送ったが、相手は実は女児を装った大人の男だった。
 逮捕容疑は昨年11月、札幌市西区の無職の男(23)=同罪で起訴済み=に、携帯メールで女子児童の裸の写真計9枚を送った疑い。
 同署によると、会社員の男はインターネットの小学生向け交流サイトで知り合った「小6女児」に対し「お金をあげる」「(こういう)画像がみたい」などと見本の児童ポルノ画像を送信していた。
 会社員の男が逮捕されるまで「女児」と信じ込んでいた無職の男は、このサイトでは一貫して女児を装い、別の女児に裸の写真を送らせたとして2月に逮捕、起訴されていた。

 Bのほうは、3項製造罪と強要罪で逮捕されたと報道されていましたが、刑法的には強制わいせつ罪(176条後段)+3項製造罪の観念的競合しか考えられないですよね。適用罪名の点で、警察が手心を加えているんですよ。