児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

盗撮と児童ポルノ

 透けてみえるとか透けさせるとかすると児童ポルノになりますから、5項製造罪は成立します。
 さらに、盗撮を3項製造罪にしても文句でないようです。

盗撮
大阪地裁H14 プールで赤外線 販売罪
横浜地裁H19 浴室の脱衣場 3項製造罪
山形地裁H13 透けてみえる水着 販売罪

 条文を読め。