児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

5万円で刑事弁護を依頼された話

 身柄事件で5万円は辛いなあ。
 接見せず、記録謄写せず、1回結審とかすれば、ディスカウント出来そうですが、弁護になってない。

 被告人と家族に後で払うとか言われて、いまだに着手金も交通費も1円も戴いていない事件があります。

依頼者 
 親戚・知人が逮捕された、お金はあるので、奥村弁護士に刑事事件の私選弁護を依頼したい。

奥村弁護士 
 受任する可能性はある。
 事件の概要を聞かせてくれたら、費用・報酬の見積もりを出す。安くないから、他の弁護士にも相談してよ。

依頼者
 事件の概要はかくかくしかじか・・・
 前科はないと思う。
 余罪がある。

奥村弁護士 
 正確な事実関係はわからないが、この時点では、他府県まで接見に行ったりするので、着手金は30万円と見積もる。
 後日、契約書を作るときに、諸条件を相談する。

依頼者
 「さ、さんじゅうまん」ですか?
 そんなに払えない。
 5万円くらいでお願いできないか?

奥村弁護士 
 奥村弁護士の見積もりは「30万円」です。
 5万円はきついなあ。
 地元の他の弁護士にも聞いてごらん。