児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2011-03-25から1日間の記事一覧

地震に伴う法律問題Q&A

http://www.shojihomu.co.jp/0708qa/0708qa.html 地震に伴う法律問題Q&A この度の東北地方太平洋沖地震により被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、心よりお悔やみを申し上げます。 一日も…

Q&A災害時の法律実務ハンドブック(平成18年発行)

英断だ。 加除式は解約したけど http://www.sn-hoki.co.jp/shop/zmsrc/qa50593/mokuji.htm Q&A災害時の法律実務ハンドブック(平成18年発行) 弊社では、関東弁護士会連合会編集にて「Q&A 災害時の法律実務ハンドブック」を平成18年に発行いたしました…

「優秀教員」が児童買春容疑

弁解としては、結局年齢を確認しきれていなかったということでしょうか。援助交際するのに学生証・履歴書・運転免許を見せる・見せろというのも現実的はないでしょう。弁護人を選任して、きっちりやれば、弁解が通ることが有ります。 神奈川県で淫行する人に…